伊予七福神参り

  • 2013.03.20 Wednesday
  • 09:59
 

嚴島神社(いつくしまじんじゃ)の総代、敬神婦人会の参加者と一緒に伊予七福神参りに行ってきました。

寿老人(じゅろうじん)を祀る当嚴島神社を出発し、弁財天(べんざいてん)をお祀りする弘願寺(ぐがんじ)へ


次に大黒天(だいこくてん)をお祀りしている出雲大社松山分祀(いずもたいしゃまつやまぶんし)へ行き、出雲大社の遷宮についてのお話を聞かせていただきました。


そして布袋尊(ほていそん)をお祀りする昌福寺(しょうふくじ)へ。こちらの住職さんは宮城県出身で地元の同級生が中心となって作成された東北大震災で被災された方への慰霊の本の話をしていただきました。


昼食をした後、毘沙門天(びしゃもんてん)をお祀りする文殊院(もんじゅいん)をお参りし、四国遍路の開祖と言われる衛門三郎(えもんさぶろう)のビデオを見せてもらいました。


丁度菜の花が咲いている時期ですので、見奈良の里に寄り浄土寺に行きました。バスを降りると菜の花の甘い香りが漂っており、予想通り満開の菜の花を見て一同感動致しました。


福禄寿(ふくろくじゅ)をお祀りする浄土寺(じょうどじ)ではお茶を頂き、


最後に恵比寿神(えびすしん)を祀る伊豫稲荷神社(いよいなりじんじゃ)をお参りし無事に七霊場を巡ることができ、結願となりました。


七福即生、七難即滅。

七福神のお陰を頂き、皆様のお願い事が成就しますことを心より御祈念致します。
非常に天気に恵まれ、温かい春の陽気に包まれながら各霊場を参拝することができ、ありがたかったです。

嚴島神社(いつくしまじんじゃ)に帰ると笙(しょう)の自主練習が執り行われていました。熱心ですね。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック